付加サービスの拡大!美容院

Posted By on 2013年12月16日

現在、美容院は大きな変化を迎えています。サービスを単発ではなく、複数の種類のものを手がけるように変化してきているのです。外に出れば、店の看板には様々なサービスの文字が並んでいます。1業種ではなく、他業種を手がけることで、顧客を増やすことをもくろんでいるのです。

美容院は複数のサービスを提供するにあたり、髪を切っている時間を利用します。今までであれば、セットしている時間は、客は雑誌を読んだり、携帯をいじったりして過ごしていました。ある意味無駄といえるその時間を「経営する側」で有効利用するために、美容院は様々なサービスを行うようになっています。

一般的なものでいえばネイルであり、髪を切っている間に手や足のネイルを行い、切り終わるころにはネイルも仕上がっています。このように、客にとっては時間の短縮になり、経営者側にとっては店の収益が上がることになり、双方にとってもいいことづくしなのです。

他には、マッサージ、まつ毛エクステ、最近ではまゆげエクステなども同時に行えるようになっています。普段のカットにこれらのオプションを合わせれば、それぞれを単独で行うよりも圧倒的にお得です。美容について多くを求める人が多くなった現在、生き残るためには多様なサービスとそれを提供できる人材の確保が重要なのではないでしょうか。

美容の定番!エステ

Posted By on 2013年12月5日

美容業界の定番と言えばエステです。近年ではエステサロンは飽和状態にあり、業者間の競争が大変厳しくなっています。これは美容業界に限ったことではなく、今はどの業界も企業間の競争が激しくなっており、どの企業も生き残りを賭けた戦いを展開しています。

エステサロンの場合は、同業の店舗だけではなく、美容皮膚科がライバル関係にありますが、料金面ではサロンの方が美容皮膚科よりも低料金になっていますので、価格間競争では優位にあります。ただ最近は脱毛専門サロンなども数多く出てきており、かなりの低料金でサービス提供をしています。あまり価格競争をしても将来がないと思いますが、各社もそのことに気づき始めており、ブランディングに力を入れるようになってきました。

サロンの中でも人気店には顧客が殺到をしており、人気店は全国各地に店舗を拡大しています。一人当たりの客単価は価格競争で低くなっても、集客力を高めて店舗数を増やしていけば、トータル的な売上高は増やせますので、厳しい競争を勝ち抜いているサロンは、相当な収益をあげています。

高齢化社会により、美容や健康に関する消費者のニーズは強く、美しく健康に年を取りたいと思っている人はとても多いので、美容に対する需要は高いものがあります。業者間の競争に勝ち抜くためには、新規顧客を獲得し、そこからさらにリピーターを広げることが大切になりますので、一人ひとりの顧客に対し、満足感を与えられるサービスを行うことが重要です。

拡大傾向!ネイル

Posted By on 2013年11月26日

近年はデフレ傾向にあり、美容業界全体としては売り上げは縮小傾向にあります。
その中で、今も堅実に伸び続けているのがネイル業界です。店舗数も増え続けておりこのまましばらくは拡大基調が続くと言われています。ネイルというのはここ数年で急激に若者を中心に浸透し、もはや当然の文化として根付いてきました。

一部、自分で手入れをしたり、家族や友人等に施術してもらう人も増えた為に売り上げのみではわからない部分もありますが、ネイルを愛好していたり、利用経験のある人口は確実に増えていっていると言えるでしょう。

店舗数が増えて来たことによる、顧客の獲得の為の値下げが活発に起こり、一回あたりの料金は安くなってきています。しかし、1~2ヶ月でまた施術する必要がある為に各店舗とも顧客の獲得とリピーターの獲得に力を入れている傾向にあります。

店舗数増加に伴い、業界では求人は活発に募集されていますが、即戦力を求めているのが特徴的です。同じ美容業界でも、ヘアサロンの様に店舗によるしっかりとした育成システムが確立されていないので、スクールに通ったり、また独学で友人や家族に施術をして学んでいる方も多数います。一定の技術があれば、とても就職しやすい業界である事は言えるでしょう。

体を動かす美容法!ヨガ

Posted By on 2013年11月18日

美容業界は常に新しい風を取り入れています。
その中でも一番新しい企画として人気になっているのがヨガです。ここではその概要を記述します。この海外の健康運動を取り入れて美容を促進するこの運動は、美容業界に大きな影響を与えました。それは、マッサージやサウナなどがメインだったエステティックサロンとは真っ向から反対する取り組みであったからです。

身体を動かすエクササイズを取り入れて、健康と美容を実現するタイプのこの方法には多くの関係者が驚きました。
それだけに色々な反応があったのも事実です。しかし、その効果と効能は多くの利用者が実証した関係で、多くの人から認められる存在になりました。美容業界にとっても現在のヨガは無くてはならない大事なものであることを認識しているのと同時に、今後の発展の為にも非常に必要性が高いものであることを認識しています。

そして、年々利用者が増えていることもあり、インストラクターの養成などが追いついていない現状もありますので、現在は急ピッチで人材育成をしているのが現状となっています。今後もヨガは美容に良いとされる情報は多数出現するだろうと言われているし、参加者ももっと増えると言われています。

最近では、ホットヨガや男性向けのヨガなど、様々な形態も出てきていて、ますますの発展が期待できる分野です。

再流行!着物市場

Posted By on 2013年11月12日

昔の流行を繰り返すということはよくありますが、着物が主婦層や若い女性を中心にプチブームになっているようです。
まさに明治時代以来かもしれませんが、着物本来の美しさの魅力はもちろんですが、習い事として着付けを学ぶ女性が増えています。同時にマナーや佇まいも身に着けることができ、女性本来の美しさを引き出してくれます。

着物をビジネスとして始めたのは、長沼静です。
長沼静きもの学院の前身、きもの研究所は1949年に横浜に設立されました。その後きもの研究所として全国着付け行脚や各種教育機関での講演・着装技術指導を無償で行なっておりましたが、1967年に国内初の着付教室となる長沼学園きもの着付教室を設立し、1971年に校名を長沼静着物学院に改めました。

現在、長沼静きもの学院では全国に多くの教室をもち、着物の着付けはもちろんの事、日本の女性なら知っておきたい和のマナーや、教養なども取り入れたカリキュラムを実践しております。
初めての方やお忙しい方にも安心して便利に通っていただく為に、「振り替えレッスン制度」(月曜から土曜までの午前・午後・夜間の3つの時間帯からお好きな時間帯を週一回、選んでいただく制度です)を取り入れたり、駅の近くに教室を設置しています。

また着物をお持ちでない方にも気軽に通って頂ける様に、きものレンタルプランとして「なでしこプラン」をご用意しております。また教室の雰囲気やカリキュラムの内容を、入学前に知って頂けるように「お試しレッスン」も体験できます。お試しレッスンは各校にて無料で行なっているようです。

日本和装など、いくつか競合する企業もあり、海外展開など含めた今後の戦略に注目しています。
いかに若い層を囲い込むか、日本文化を海外の人に伝えられるかが、ポイントになると思います。

最新事情!化粧品

Posted By on 2013年11月7日

エステ、美容外科など美しさを追求する方法は様々ありますが、化粧品は自宅で簡単に出来る女性にとって一番身近な美容法です。
そのため美容業界でも大きな位置を占めています。 美容業界の今までの概要はと言うと、一時期、バラエティショップやドラッグストアで化粧品を買う人達が増える傾向にありました。以前は百貨店などでし購入出来なかった商品が、セルフで簡単に買えるようになり、煩わしさもなく、リラックスして買い物が出来るという点には確かにメリットもありました。

ですが、その傾向が現在変化してきています。 
最近増加しているのは意外にも訪問販売での化粧品の購入です。こういった買い方は担当者と膝を交えて会話をする所から始まります。時間もかかり、面倒なことも否めません。ですが、これには今の日本の社会が関係しています。絆や人との繋がりが見直され、人との触れ合いが大切にされてきているのです。優秀なセールスマンはあなたから買いたい、と相手に思わせる天才と言いますが、こうした人間のソフトパワーが物をいう時代なのでしょう。

そうした傾向を受けて、今各ドラッストアでは対策が練られています。接客カウンセリングに力を入れ、薬やサプリメントなども含めてお客様の相談にのる、ドアラッグストアならではのサービスで巻き返しを図ろうというのです。美を追求する美容業界でのヒューマンパワーの効果に期待が集まります。

活況!美容ビジネス

Posted By on 2013年10月21日

美容ビジネスが活況を呈しています。
女性向けだけではありません。男性向け美容市場も創造され始め、拡大のフェーズに突入しています。
美容ビジネスにはいくつか種類がありますが、大別してビジネスモデルを説明したいと思います。

化粧品・コスメ
化粧品は自社で製造しているか販売だけしているかで大分ビジネスモデルが違います。
ここでは、自社で製造も販売もしている企業を対象にします。化粧品のビジネスモデルは、大衆向けの製薬会社と非常に似ています。かなりの研究開発費と広告宣伝費を投じます。基本的には、マーケティング会社といっても過言ではありません。研究開発は日々行っていますが、基本的な技術はそれほど変わらないため、後はマーケティング次第といった見方もできます。つまり、ブランド確立がうまくできている企業が圧倒的強者となります。

美容整形
美容整形は医療行為ですが、非常に競争が激しい業界です。
全国展開している医院もありますが、1店舗のみを展開している医院もあり、供給過剰と言ってもいいという状況です。
各医院ともマーケティングにはかなり力を入れており、化粧品とは違い、WEBを重視する傾向があります。ブランディングが重要であることは間違いないのですが、投資した金額に応じたリターンを重視する傾向があるようです。来院してもらってナンボの商売なので、当たり前ではあるのですが、少し偏りすぎて過剰な競争に陥っているなという印象もあります。

エステ・脱毛
こちらも美容整形とほとんど状況は一緒です。
新規顧客の獲得が最重要課題です。エステや脱毛の場合、リピートいただける確率が非常に高いため、いかに新規顧客を獲得しシェアを取るかというのが課題です。
こちらもWEBマーケティングを重視し、ブランディングにはあまり力を入れていない企業が多いと感じます。

ホワイトニング・矯正
こちらも最近乱立している業界です。
既存の歯科医院が業態転換するケースも数多く見られます。
非常に単価が高く、魅力的ではあるのですが、競争が激しいです。長い目で見れば、長期的なブランディングが重要なのですが、短期的な施策に走ってしまう医院が多くなっています。

ほんの一部をご紹介しましたが、美容ビジネスは幅広いです。
ただ、特徴としては、ブランディングが最も重要な業態であるにも関わらず、短期的な獲得だけに集中してしまっている業態が増えています。
これでは結局価格競争い陥ってしまうので、長期的な発展を考えるのであれば、ブランディングに力を入れることが重要です。

  • Sidebar 3

    Go to Themes >> Widgets >> Sidebar 3 to add the widget of your choice or edit "main_sidebar".php.

"Miscellaneous Information"

Add your custom text here. Maybe a little something about you or your site or your dog or your car or your hobbies or...whatever. You get the picture. :)


About the author